阪神タイガース

"阪神タイガース" でひとこと

-- fans

RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-0 巨人》
・高橋遥人13奪三振プロ初完封で菅野に投げ勝つ!
・5番糸原が菅野から先制ソロHR。
・昨日はファインプレーでチームを救った中野が今日は追加点の2点タイムリー二塁打。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

俊介(藤川俊介)が現役引退を表明。入団1年目の2010年は後半に起用される機会を増やし、2年目には開幕スタメンのチャンスを得ますがレギュラーを掴みきれず。それでも大和の故障で2番中堅を埋めた2013年、打力アップで1番でCSスタメンを勝ち取った2017年など活躍した年もありました。
私の中では2013~15年頃にマートンの守備固めでレフトに入っていた印象が強くあります。フルタイム就労でないまま社会保険に入った自分の働き方と、レギュラーになりきれなくても常にベンチ入りして、バント・進塁打・守備固めなどの役割を持っていた俊介を勝手に自分に重ねていました。
もちろんレギュラーを目指していたでしょうが、控えであってもファンを楽しませてくれた選手がいたことを嬉しく思います。ありがとう俊介!
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 5-3 東京ヤクルト》
・ロハスJr.代打で同点2ランHR。大山6番で勝ち越し2ランHR。
・小川一平、2年目でのプロ初勝利おめでとう! 本人は“一平ちゃん”を希望。同期及川に次いで勝ちパターンに入るか。
・矢野監督がオーダー固定に拘らず臨機応変な起用になってきたか。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-1 中日》
・伊藤将司7回1失点、岩崎→スアレスの久々リレー。4連敗で止めた。
・マルテ同点、大山勝ち越しタイムリー。やはりマルテの存在感は大きい。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 5-8 中日》
・待ちに待ったマルテ復帰戦! 青柳5失点からマルテの3点タイムリー二塁打で追いつく! 三塁守備で無理させないように。
・なのに再度勝ち越された、しかも福留。首位から陥落して踏ん張れるかの瀬戸際。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-0 広島》
・マルテとスアレスが出られない中で後半戦勝ち越しスタート。
・秋山の後を及川→馬場→アルカンタラで繋ぎ、五輪凱旋の岩崎がセーブ。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-4 広島》
・休養明けのサンズの2ランなど3点先制。しかし5回表の無死満塁で無得点後に逆転。昨日良かった4番マルテの凡退が痛かった。
・大山と佐藤のブレーキ。三塁で長打打てる選手って他にいないから、本職の陽川を二軍で守らせたりしてんのかな。
・8回裏の藤浪は無失点ではあるが、VTRで見たらリリースの時の指が立ってなかった。昌さんの教えを思い出さんかい。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 1-6 ヤクルト》
・9回にスアレスが打たれても仕方ないけど、引き分け濃厚の試合で岩崎共々三連投させるべからず。これで明日は西の完投か雨天中止頼み。
・同じ1勝1敗1分けなら岩崎とスアレスを休ませて負ける道はなかったか。藤浪岩貞に喝入れ登板させて坂本か原口に終盤のマスクを経験させるとか。
・スアレス降板後に失点した馬場ちゃん。フォークの落差の割に空振りが取れてないのは球離れが速いからかと素人目線。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-2 ヤクルト》
・アルカンタラ6回1/3を1失点。引き継いだ及川が7回途中からピンチを凌ぐ。
・マルテ1回裏先制2ベースと8回裏に右ポール直撃の同点ソロ。9回表は守備でも引き締める。
・大山は深刻かも。去年新井さんの打撃フォームを参考にして飛躍したのにドツボの長さまで真似んでいい。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-8 DeNA》
・三タテ喰らった。秋山は5回まで引っ張らずに、梅野の休養も兼ねて4回時点でバッテリーごと変えた方が良いんでないか。
・近本は好調で2番に戻した糸原と3番マルテは機能。やはり4番大山をどうするかが問題だよね。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 6-0 中日》
・悪い流れを心配したけど勝ち越し。ガンケル7回無失点6勝目。
・近本中野の盗塁から始まりマルテ大山が2打点ずつ。主力を引っ込めたけど梅野を中々休ませにくいな。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-6 中日》
・12安打で2得点てどんな攻撃しとるんだ。
・藤浪の炎上で《嬉しかったこと》が霞んでる。→https://pulpdust.org/i/entry.php?id=1917521
・福原コーチがいるんだから藤浪はカーブを覚えよう。習得するまで二軍かどうかは難しいが。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 1-2 巨人》
・幸先よくても負け越した。最終回に代走植田が走るまでは仕掛けもなく佐藤のソロ頼み。
・7回のチャンスに代打北條、投手高梨の場面。高梨が2ストライクに追い込んでから鍵屋に交代し北條を三振。糸井を代打の代打に使わせない狙いには解説の岡田はんが唸ってた。
・原さんは既に落合の不気味さや仰木マジックを兼ね備えてる。もっとゲーム差広げないと怖いで。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 7-1 巨人》
・西勇輝7回1失点、再三走者を出したが4月20日以来の4勝目。サンズが先制タイムリーと満塁HR、3安打5打点。
・マルテも2安打2四球だが、第4打席は二塁に滑り込まずにアウトになってたらアカンぞ。梅野が日本代表に選ばれてしまったが、第4打席で手首を痛めたかも?
・解説の新井さん、佐藤輝明には左打者として金本さんのシーズン40HRを是非とも超えてほしいと強く念押し。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 10-3 日本ハム》
・3カード振りに勝ち越し。サンズが3安打4打点。佐藤と入れ替わって6番になって発奮したか。
・育成出身の小野寺暖が初スタメン。ノーヒットだがまずはここから。
・秋山6勝目だが6回途中降板。及川・斎藤・エドワーズが無失点で勝ちパターンを休ませた。特にイニング跨ぎの及川(およかわ)は左腕なのでリード時の登板もありそうな出来。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-2 日本ハム》
・AMラジオ観戦。9回表代打原口が初打点のタイムリーで勝ち越し。無死二塁から代打坂本の犠打失敗をカバー。糸井の打順なら代打いらんだろう。
・7回藤浪、8回馬場が繋いで9回スアレスは163km/hを記録。藤浪が168km/hを表示したのはファウルの打球速度らしい。
・中田翔が走塁中に腰を痛めて退く。二軍から戻ったのに離脱なのか。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

返信先俊成(守備要員)

《阪神 2-10 ソフトバンク》
スコア真逆でした。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 10-2 ソフトバンク》
・マルテ久しぶりに10号2ラン、寝落ち中でした。
・近本を盗塁を2度阻止して2HR、甲斐にやられる。中野の好守の後の逆転2ランは効いた。
・小林が投ゴロを捕球する際に足を捻って負傷退場、担架で運ばれる姿は心配。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 6-1 ソフトバンク》
・甲子園での先発が4度目の正直になった青柳さん。今日も雨の中の登板だが8回1失点の粘投。
・久しぶりに2安打のマルテだが、送球エラーや今宮の捕球ミス時に全力疾走出来てない。意識付けしっかりせんかい。
・岩崎が休養で登録抹消。藤浪が昇格し9回表を無失点。直球とフォークのみなので脱スライダー頼みとなるか。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-7 オリックス》
・関西ダービー負け越した。オリックスも親の敵みたいに向かってくる。
・先発アルカンタラが粘って7回3失点。遅い球があればもっと良くなる。
・マルテがチャンスで凡退の後に岩崎被弾。マルテは全試合スタメンで、岩崎は勝ちパターンだけでなく同点でも投げてる。明日からの福岡遠征は休ませても良い。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-1 オリックス》
・先発秋山5勝目。岩貞→馬場→岩崎→スアレスの継投も決まる。
・今日昇格の北條が2番二塁でスタメン。タイムリー2本で援護したのに4打席目でバント失敗。マルテ大山が不振なんだから強行でいいのに。自虐的に『和田監督か』とツッコミたくなった。
・能見さんが甲子園凱旋。佐藤に安打を許すが愛弟子梅野と代打糸井を三振。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-5 オリックス》
・7回2失点の西勇輝はまた勝ち負けつかず。
・ノーヒットのマルテと勝ち越しを許した岩崎は休養が要るよね。
・オリックスの遊撃で4打点の紅林。名前を聞くと『特捜最前線』が思い浮かぶ。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 10-7 西武》
・中盤の点の取られ方が、ロッテ戦と同じパターン。パリーグは強いがyahoo!観戦をradikoに切り替えたら逆転。
・9回表にマルテ・大山・サンズが繋いで同点。御膳立てから佐藤輝明が3ランで勝ち越し。新人選手の1試合3HRは長嶋茂雄氏以来、佐藤は規格外すぎる!
・2年目20歳の及川がプロ初勝利おめでとう。“おいかわ”ではなく“およかわ”。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-2 ロッテ》
・秋山が8回1失点で岩貞岩崎を休ませるが、スアレスが1失点。160km/hを打ち返すロッテ恐えぇ。
・中野が犠飛とタイムリーで2打点。2番としては課題もあるが、決める力は充分。遊撃では鳥谷をアウトに。
・凱旋鳥谷は途中から三塁守備。笑顔に複雑な気分。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-5 ロッテ》
・先発西勇輝が粘って7回3失点。マルテが2ランサンズがソロ。
・鳥谷が2年越しの甲子園凱旋。今季初打点のタイムリー。一塁で感情を出しての『よっしゃー!』は阪神時代に見られなかった姿。
・これがロッテに勢いを付けて岩崎からマーティンが逆転2ラン、岩貞も1失点。勝ちパターンで負けたのは痛い。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-1 ヤクルト》
・2年目西純矢が初登板。5回無安打無失点でプロ初勝利。
・降板直後に近本先制HR。2-1に迫られた直後にサンズのHRで突き放す。
・8回裏、山本の中飛を落下点一直線でスライディングキャッチした塩見を福本(豊)さん絶賛の『上手い!』。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-1 中日》
・白星つかずも秋山7回1失点。
・好投のロドリゲスから原口四球、熊谷盗塁から近本同点打。糸原が少し落ちているのと入れ替わりに好調に。
・サンズ勝ち越しソロ。防御率0点台の又吉から仕留める。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 4-1 DeNA》
・伊藤将司が25歳の誕生日に3勝目。8回1失点で完投は避けたか。
・4番佐藤はタイムリー2本で援護。昨日の最上段アーチに続いて4番では3試合続けて打点。
・ロハスJr.のデビュー戦は4-0。前に突っ込んだ構えが気になる。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-2 ヤクルト》
・昨日は勝ち越しHRのマルテ、今日は2点タイムリー。心配なのは途中交代の大山。
・引き分けなのでデーゲームの不敗は継続。岩崎で追い付かれたが、その前の岩貞は復調してきた。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 7-3 広島》
・大山の積極的休養で佐藤輝明が4番三塁。逆転の満塁HRとタイムリーの5打点!
・近本が3安打2盗塁。スロースターターにエンジンかかるか。マルテは2安打と3四死球で5出塁。
・不安定でもガンケル5勝目。最近打たれていた岩貞もピンチを締める。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 6-2 中日》
・大山が先制タイムリーと3ランで4打点、三塁打と四球のマルテがアシスト。
・チェン・ウェインが6回1失点、日本で10年ぶりの白星。3タテは回避。
・チェンは感慨深いバンテリン(ナゴヤ)ドームでお立ち台。最後だけ流暢な日本語で挨拶も解説の山本昌さんは『下手になった』。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 7-5 DeNA》
・昨日自打球の近本は心配ないが、今日はマルテ途中交代。去年のこともあるので軽症を神頼み。
・佐藤輝は先制2ランとまずい守備。これも勉強だと許容できるチームの厚みがある。
・途中出場の陽川が無死一二塁から犠打を見事に決めて、大山の犠飛とサンズの2ランHRを呼び込む。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 13-1 DeNA》
・ルーキー伊藤将司がプロ初完投で2勝目。
・佐藤輝と木浪がともに4打点。休養明けのサンズも3安打、梅野も2安打。
・二軍調整となった藤浪と自打球で交代した近本は心配。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 2-0 ヤクルト》
・藤浪は5回2/3で制球を乱して降板も、小林慶祐がピンチを抑えて二人でお立ち台。解説の球児が投手交代のタイミングを評価。
・藤浪は4年ぶりに甲子園での白星、2ランHRも打って自援護。小林は去年オリックスから移籍して以来初のヒーロー。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 4-0 広島》
・少しテレビ観戦。大山が先制、佐藤が追加の2ランHR。これから続くであろうアベックHRの第一回になったかな。
・中野拓夢は左投手でもスタメン、左の床田投手から三塁打。このまま遊撃に定着しそう。
・山本泰寛は毎日違うポジションで出てるのが凄い。巧い選手はポジション変えたぐらいではミスをしない。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 6-0 広島》(4月14日)
・去年苦手にした森下投手を佐藤と中野のルーキー二人が攻略(マルテもね)。更に二人でお立ち台とかすごくね。
・中野が先制タイムリー、佐藤は甲子園初HRの2ランとタイムリー。マルテ含めて見てない方が縁起が良い。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 9-2 DeNA》
・今日はAMラジオ観戦。藤浪晋太郎が7回2失点で今季初勝利。開幕戦から5回→6回→7回とイニングを伸ばす。当然ヒーローインタビューだが犠打を三つ決めたことも聞いたってくれ。
・マルテと大山が共に3安打。それぞれ2打点と3打点。佐藤輝明が横浜スタジアムの場外HRてマジか!
・山本はスタメン出てるから巨人戦の死球は大丈夫そうだけど、途中で代わったら糸原はどうなの?
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 7-1 巨人》
・ルーキー中野将司がプロ初勝利! 現在唯一の先発左腕だからありがたい。犠打も決めて点を呼び込む。
・3回裏、糸原のニ盗でバッテリーを揺さぶる間に近本がホームスチール!(記録は悪送球)
・糸原とサンズの好調が頼もしいがマルテが不安、ロハスも来日したからエンジンかかれ。死球で交代した山本が心配。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 3-1 中日》
・近本先頭打者HR。糸原もずっと好調で7回裏に3点目のタイムリー。
・陽川が6番スタメンで佐藤輝はベンチ。その陽川が6回裏に勝ち越しタイムリーで結果を出す。
・ガンケル2勝目、岩崎今日は連投。
RASEN-KAIDAN

阪神タイガース

《阪神 8-2 ヤクルト》
・今日もradiko、見事に開幕3連勝。ノムさんの追悼試合で両チームが73番を付けてプレー。
・サンズが1回に先制2塁打、8回に3号3ラン。
・マルテは1回先制につながる四球、3回は奥川のフォークを見極めた後に1号ソロHR、8回にもタイムリー。
・ガンケルが去年勝てなかった先発で初勝利で6回無失点。4回のピンチにはファールで粘られながらも坂口を打ち取る。


ユーザー一覧
ご案内
17onは無料で利用可能ですが、運用は皆様の御厚情で成り立っています。 よろしければAmazon Wishlistから応援の程をよろしくおねがいします。