相棒

"相棒" でひとこと

-- fans

yamodoki

相棒

『ギララの逆襲洞爺湖サミット危機一発』ていう映画があった。
RASEN-KAIDAN

相棒

事実なら朗報。成宮君だけでなく真飛さんもちゃんと呼んでくれ。
https://www.news-postseven.com/archives/20191002_1462008.html
RASEN-KAIDAN

相棒


スケールの大きさは太田愛の小説である『天上の葦』に似てる。結末は予想できるが、動機の深さは何度でも考えさせられる。
RASEN-KAIDAN

相棒


捜査本部に出禁の特命係に代わって神戸尊登場。「お言葉ですが」が聞けた。部長に怒鳴られても情報はくれる。警備に反対する幹部連中を動画に録って動かす冠城さん。

戦前の棄民政策と現代の見棄てられた人質。時代を超えて怨念が結び付く。テロを計画しつつ情報を流す。右京さんの見立てではテロ未遂で射殺されるつもりだったマーク・リュウ。酷い仕打ちを受け続けても、自分を止めてくれる理性を信じたかったように見える。狙ったたパレードは中止出来なかったが、右京さんが庇ったために半分は通じたのてはないか。
RASEN-KAIDAN

相棒


2017年公開で時系列は2016年。そこから逆算して7年前に身代金拒否。政権交代がない設定だろうが、2009年ならモデルは麻生か鳩山か。
警察学校の米沢さんの大好きな音(もちろん電車)。ここからアジト割り出す。
佐橋副総理(益岡徹)はスピーカーの如く「テロとの戦い」で身代金拒否。峯秋長官官房付は交渉派。折口官房副長官(篠井英介)は上のそんな姿勢に懐疑的。今はそんな部下いる?
RASEN-KAIDAN

相棒

《劇場版Ⅳ》
伊丹「国連犯罪情報事務局って、あのアレか」…以下芹沢が説明(笑)

鹿賀丈史のマーク・リュウ、香港返還前からの英国籍、伊武雅刀よりは意外性なし。右京さんとは初対面だが、盟友やライバルに位置づけると現役より退職した方が自然になるもんね。
RASEN-KAIDAN

相棒


でもスパイと教団のどちらかに絞ってほしい。
教団だけなら、犯罪加害者家族の居場所のなさ、逆に性犯罪被害者がバッシングされるネットの酷さも掘り下げられたのに。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第20話 最終回SP》
反科学のカルト教祖と小木茂光の強面が結び付かない。
モデルの教団は〇マ〇シ会とかだろうけど、バッジを落とすのはオウムだし、直接の教団よりも村上春樹の1Q84とかにヒントを得てそう。東亜連邦、あからさまに北朝鮮でも国交はあるのね。

今の仮面ライダージオウに未来のディストピアが絡む話だし、『未来』にもしやと思った。人工的な世界で育った子どもが暴走したら?のif。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第19話》
親友への見栄から罪を擦り付ける、しかしその場しのぎの嘘を見抜けない警察もポンコツ。太田愛は2時間一気に見たい。
スマホを貸しつつGPSで居場所を把握する幸子さん、プロに捕まっても蛇の道は蛇。綺麗な店終いだったが、少年に前科がある場合、幸子さんの恵まれない少年の力になりたい思いと、杉下右京の正義がぶつかったのではと邪推もある。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第18話》
鶴田忍の衝撃告白! 幸子さんと同じ経歴は偽装で、少年を庇ってあげるよいおっちゃん役は珍しい。太田愛脚本には欠かせない逃亡する少年。謎解きは後編へ。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第17話》
伊武雅刀のイギリス国籍にはまだ慣れない。万作は神戸君のキーパーソン過ぎて別役で起用して良いものか。
元パートナーが退職した刑事ということは、シリーズにも締めくくりの可能性を見越すか。次の伊武雅刀回が5年後とかにせぬよう。
RASEN-KAIDAN

相棒


苦しむ被害者家族の立場からの話は近年少なかった。刑事弁護人は職務のために被害者家族の思いとはぶつかることもある。刑事弁護人とは別に被害者を支える専門家が必要だろう。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第16話》
意外と出てこなかった神奈川県警、警視庁では『隣』と言うのね。特命係の対処方を知らない他県警。12年前の中園参事官の髪型が微妙に… 12年前も刑事部長という設定に変更はないか。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第15話》
補助金と機密情報、責任はノンキャリアに転嫁。猫の画像にQRコード! 肉眼で気付く右京さんの視力パネエ。
ホワイトボードの事件相関図。再登場の倉田映子はちゃんと年齢出さない。
音声再現技術! 阿笠博士の蝶ネクタイに時代が追い付いた!
『検察や警察なら正義だけで生きられるが外に出たら生きられない(旨)』。倉田弁護士の行動を見たら逆のことを考えてたね。ヤメ検弁護士の弱味を握るために特命係を煽る部長(笑) それを煽っていた倉田さん。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第14話》
要するに其々にゲスな全員悪人ep。素直な夫のほうが姉妹よりタチ悪。こちまちに心酔して片棒を担がされた女性が浮かばれない。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第13話》
同じ悲恋でも冠城さんのほうが陣川さんよりハードモード。
女性の貧困、ボーダーラインの女性版?
『きちんと社会の一員になってる人にはわからない』には同意もする。フリマアプリだけスマホが鳴る→もっと鳴らないガラホの私にはわかりにくい。
大路恵美がネカフェに住むようになったキッカケは聞けないか。
yamodoki

相棒

じかいみやがわいちろうたがは
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第12話》
中園参事官花の里初登場? 奥さんもレギュラー化したら良いんじゃない。
40代になっても兄妹に残るトラウマ。だから子どもの美大進学は鬼門なのね。ホラーから家族ドラマへ。今日冠城さんいたか?
RASEN-KAIDAN

相棒


息子を焚き付けて殺人を誘発した父親とそれを脅迫して借金の足しにする弁護士。立花が唯一の良心かと思いきや、過失の隠蔽。全員悪人ともいえないけど、其々に犯罪を抱える。

芹沢が花の里にいる場面は記憶がないと思ったら、次回は中園参事官まで来店。年一のエピソードが恒例化しそう。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第11話》
ドキュメンタリーに乱入する特命係。
ワイルド刑事とオールバック刑事がアパホテル(元)刑事に迫る。
RASEN-KAIDAN

相棒


右京『君はもっと上手くやれると思っていましたがねえ』
神戸『お言葉ですが、杉下警部に言われたくはありません』
右京『はい~?』
(右京さんがドラマでも現実でもバツイチ)
RASEN-KAIDAN

相棒


やはりと言うか、さすがの太田愛脚本。
大地真央さんの主演舞台を観た気分。
RASEN-KAIDAN

相棒


誘拐しても身近で保護、最初の右京さん見込みどおり狂言。
『アリス』では名家の女性が自分の家に絶望して自殺したけど、自分の家に復讐する道を選ぶ。
『ボマー』では少年が爆弾を巻かれて利用されるが、大物議員を泳がせる。
犯罪は悪くても弱者が泣き寝入りせずに反撃している。

ただの政治家でなく犬神佐兵衛並みの悪人だけど、現実からは遠くなるかもしれない。
RASEN-KAIDAN

相棒


私は神戸・冠城派です。助さん格さんのように三位一体で動いてくれたら言うことなし。
RASEN-KAIDAN

相棒

ブラック労働、みそぎ研修あたりに踏み込むか。これをヤクザがプロデュースか。
露骨な右派議員、目配せ忖度、内閣人事局。流行り病をコンプリート完了!
RASEN-KAIDAN

相棒


陣川さん、弟さんが暴れてますよ!
RASEN-KAIDAN

相棒


神戸君、凄み全く効かない。暴力犯係装ってんのね。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 10話 元日SP》
青木君は政治ギライの冷笑系。
ホテルマンコスプレ特命係。
裏表が激しい歌姫。

神戸君キター!! 特撮ヒーロー帰国のタイミングや。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第9話》
外国人店員がもうリアル。サルウィン共和国人へのヘイトクライム、議員の息子が煽り、親父が揉み消すか。
レイシストでも冤罪はあってはならない。伊丹が許せなかった態度を証明するためにこそ取り調べの可視化が必要。
ただの調整約が党の最大勢力に倣っただけで排他的発言に走る。アイヒマンはどこにでもいるぞ。冠城さんの後輩女性、悪名高い入管に染まってないだろうな。

『特命係の亀』から『サルウィンにいる誰か』。お腹一杯だけど、もう10年なんですね。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第8話》
殺人犯を誘導る人、それすら操る人。三段仕掛けの謎解きが深い。シリーズに一度はある専門知を悪用する犯人への怒りの回。他人の思考を読み取り共感する『エンパス』。昔あったサトラレの逆パターンかも。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第8話》
殺人犯を誘導る人、それすら操る人。三段仕掛けの謎解きが深い。シリーズに一度はある専門知を悪用する犯人への怒りの回。他人の思考を読み取り共感する『エンパス』。昔あったサトラレの逆パターンかも。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第7話》
亀が第一発見者、保護するのは中園参事官命令(笑) 亀用の照明が角田課長の顔を照らす。
ホームレス歌人は政権の意向を押し返す腹の座った官僚を求める。ヒラメ官僚は不要。『政権には致命的なタイミング』、現実になるのはいつだろか。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第7話》
亀が第一発見者、保護するのは中園参事官命令(笑) 亀用の照明が角田課長の顔を照らす。
ホームレス歌人は政権の意向を押し返す腹の座った官僚を求める。ヒラメ官僚は不要。『政権には致命的なタイミング』、現実になるのはいつだろか。
RASEN-KAIDAN

相棒

録画してなかった。仕事でイラついたバチが当たったかも。
RASEN-KAIDAN

相棒


『相貌認識能力』 去年は『相貌失認』だったね。
研究者のワーキングプア問題。一言一言が文部科学省に刺さるね。

拘置所か刑務所から推理する囚人名探偵。シリーズ化できるんじゃない?
冠城さんの『美人が身に付けてるとイミテーションの真珠でも本物に見える』。あぁ言ってみたい。
RASEN-KAIDAN

相棒


冠城『魔性の女は美人と思うのは経験値の低さ』 VS 青木『ストライクゾーンがだだっ広ければ経験知も上がる』

今までで一番言いがいのありそうな伊丹の『特命係の青木年男』。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Sesson17 第6話》
西田尚美さんは薄幸の役が多く悪女のイメージはない。有能で酔狂なのは右京さんぐらい。(連城弁護士)
マレーシアかシンガポールなんて警察の押収したパスポート見れば良いけど、特命係じゃ見れないか。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第5話》
脅迫してきた同級生がクソ過ぎるから殺人計画も起訴されず、婚約者も許してくれるのが良いのか? 自分と学年が同じ人物には情が出てしまう。
RASEN-KAIDAN

相棒

《Season17 第4話》
違法カジノにも美学を求める右京さん。源馬組織犯罪対策四課長、あからさまな強面がやるより童顔の中野英雄だからこその説得力もあり。少額のやり取りならガサ入れのお目こぼしもあろうが、未成年をヤクザのスパイにしていたら庇えない。情報屋との距離感よりそこがメインで良かった。

警察と暴力団の関係をきめ細かく描けたのに、覚醒剤中毒のヒットマンが安っぽくなったのが問題だった。
RASEN-KAIDAN

相棒


森田順平さん、髪型と眼鏡が神保さんに似てる。
被害者とはいえ、売りたいだけの編集者が職人気質の編集者に勝ってしまうのはツラい。

ユーザー一覧
ご案内
17onは無料で利用可能ですが、運用は皆様の御厚情で成り立っています。 よろしければAmazon Wishlistから応援の程をよろしくおねがいします。