仮面ライダーリバイス

"仮面ライダーリバイス" でひとこと

-- fans

RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第38話》
・大二の危機にヒロミが帰還。記憶喪失を装いフェニックスベースが破壊される前に隊員避難。自分の中の悪魔がいないのはヒロミも同じだが、まだ大二には伝わらない。
・元太の中のギフ細胞を狩崎親子が取り出す。生命の危機が迫ったところで一輝が手術を止めスタンプを取り出す。強化フォームは完成したのか、まだ先があるのか。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第37話》
・赤石の力を目にした大二はギフとの妥協に傾く。一輝は平和じゃない自由も自由じゃない平和も嫌がる。
・大二の先輩朱美を救うために狩崎親子の協力、父の真澄は火傷痕を晒して謝罪する。
・ギフデモスにされた朱美は赤石の手に掛かる。一輝が殺したと誤解した大二が我を忘れ、帰ってきたのは…?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第36話》
・フェニックスによるバイスタンプ義務化の意図は? 一概には言えずともワクチン接種の戯画化。
・初期の都市開発の立ち退き要求が、対デッドマンズの安全保障特区に化ける。
・夏木花がアギレラのバイスタンプで仮面ライダーアギレラに変身。『アギレラにも居場所が必要』だったことに狩崎父が導く。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第35話》
・ギフ繋がりで大二を『家族』扱いして止めを刺さない赤石長官。相手の言葉でプライドを砕くほうがダメージ。
・狩崎曰く、悪魔であるカゲロウを失った大二は正しさを求めすぎる。悪魔らしくできずに悩むバイスには、悪魔らしくよりもバイスらしくと一輝。
・赤石長官がフェニックスの壊滅と仮面ライダーの無力を自ら演出。服従を求める者との戦いはウクライナの影響がありそう。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第34話》
・ベイルはバイスの父親? 自分と純平(元太)のように棄てられるから、バイスに悪魔らしくなれと煽る。
・赤石長官は数千年前の文明の王と判明、ギフの力を知り下僕となることで人類を生き残らせようとしていた。名付けて戦略的退化。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第33話》
・赤石長官は遥か古(いにしえ)にギフと契約済み。ベイルが悪魔の姿で復活、バイスに似ている。
・さくらの脳内でバイスとラブコフの会話、ラブちゃん初めて喋る。闘う前に遊んでアギレラと思い出り。
・嫌われてもアギレラを悪魔と分離する覚悟を決めたさくら、狩崎親子共作のハシビロコウスタンプで決着。アギレラ→ハナもウィークエンドへ。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第32話》
・さくらに続き元太父もウィークエンドに合流。
・玉城くんが女王という居場所をなくしたアギレラを案じる。悪魔にだって役割がないと。
アギレラとの闘いに迷うさくらとラブコフ、一輝に悪魔とアギレラを分離させようとしたが、さくらが庇いに。
・赤石長官の手に宿るギフの眼、碇ゲンドウやないかい。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第31話》
・デッドマンの幻覚の中で一輝は浩二に怪我をさせたことを思い出す。プロ選手になる約束を果たせずサッカーをやめた。
・コーチとして一輝と浩二の選手生命を失わせた後悔からデッドマンの力で記憶を戻させた木村昴。悪用ではない使い方もある。
・バイスとの契約もあるが、辛い記憶に蓋をしてしまうのはあり得ること。バイスの力を借りれば自分の記憶を失う。ゼロノス(電王)とは似て非なる。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第30話》
・一輝のサッカー部同窓会にバイス役の木村昴が本人役。チームメイトの浩二を怒らせた一輝だが思い出せない。
・リバイスとして文化放送に出演、ラジオでも収録中は変身して顔バレ防止。
・数十年歳を取らない赤石長官もギフの末裔ではないか?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第29話》
・到達にヒロミの生存報告、しかし記憶喪失になり記憶を取り戻すための動画撮影と編集。フザケた動画と見せかけ、狩崎がデモンズドライバーでヒロミを危険に晒したことを悔いる場面を加える。
・三兄弟妹はまだ表立って反抗しないが、赤石長官とフェニックスはすっかりギフ様の下僕。
・妹として守られるのではなく、もっと強くなるため、さくらはウィークエンド五十嵐家を出てウィークエンドへと向かう。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第28話》
・見ているだけ、口だけじゃダメ、行動こそ信念。狩崎もデモンズとなりリバイスを抑える。
・楽しくなくても、ツラくても家族を守る、一輝の精神世界でバイスを友だち、支えと認め二人とも帰還。ギフの棺と一体化したオルテガを倒す。
・ギフに吸収されたオルテガとは逆に拒絶されたアギレラ。石ノ森章太郎にあるテーマ、神に人間が見捨てられてたら?に通じる。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第27話》
・カゲロウを乗り越えホーリーライブとなった大二がオルテガを圧倒。しかし悪魔を倒せばギフの棺が活性化するため、バイスが暴走する危険も高まる。
・世界が自分を理解しないなら創り変える、オルテガの暴走したような言動だが、どこか共感してしまう。
・ウィークエンドと対面した五十嵐家。相談してほしかった一輝に自分で考えたかったさくら。家族でも馴れ合いたくない時はある。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第26話》
・しあわせ湯を手伝ってくれるブーさん?伊良部さんは元太父の協力者。かつて二人は政府機関ノアで造られた不完全な悪魔を処理させられていた。幸実母と出会って脱走、記憶喪失になり顔と名前を変えた。
・その後暴走したノアがデッドマンズに至るらしいが、アギレラ達も造られた存在であることを匂わせる。
・カゲロウと大二に決着。悪魔を倒しても変身できるのは変身原理が悪魔との契約じゃないからか。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第25話》
・『過去から学ぶことが未来を決める』子どもの頃に狩崎が父から言われた。ウィークエンドにいる父の名前は真澄。
・デモンズドライバーがオルテガを離れ父元太の下へ。狩崎父子から真相が語られ、元太がギフの柩から細胞を移植されており五十嵐三兄弟妹もギフの遺伝子を持つことが明かされる。
・18年前のしあわせ湯の火災は元太からギフが暴走した際に起きたのか。バイスと一輝の出会いもその時。
・情報量が溢れてるけど、仮面ライダーが悪から生まれるという王道に沿った展開になってきた。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第24話》
・バイスがマスコットになって銭湯の客足が遠のく。ウィークエンドの組織には狩崎の父を名乗る仮面の男。一輝とバイスが入れ替わったスタンプも作った。
・元に戻ることを強制できないから新しく契約。狩崎は信じられなくても一輝は信じる。『一輝と行くぜ』。
・一輝が元に戻ったが今度は二人の一体化が進行?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第23話》
・強化スタンプのせいでバイスが実体化、一輝が幽体になりバイスは逃亡。狩崎も知らないドライバーとスタンプ。
・ギフ様のためにオルテガと最接近のアギレラだが、玉置君のことも気にかける。
・バイスの逃亡は狩崎の怖い顔を警戒したから。空気階段の周りに現れたデッドマンズは二人を思うマネージャー。いい話だけどクズ芸人のイメージダウンや(笑)
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第22話》
・ヒロミの行方不明を悲しむ大二にカゲロウが語りかける。戦えなくなった玉置はアギレラからクビになり、しあわせ湯に居候?
・映画で登場したゼロワンのスタンプを狩崎が50年早く開発。フェニックスの隊員が届けたスタンプで強化されるが、一輝が消えてバイスだけになる?
・本物の空気階段がしあわせ湯に依頼、もぐらは収録に遅刻。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第21話》
・フェニックスに捉えたオルテガだが、顔見知りの赤石長官の手引きで脱走。ギフの棺(柩?)も保管するフェニックスを信用できない一輝と様子見の大二。
・さくらの空手仲間下村光の家は秘密組織ウィークエンド、さくらにドライバーを贈ったのも下村一家。
・ヒロミが辞表を出しデモンズドライバーを返す。それを奪ったオルテガが変身、ヒロミが犠牲に。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第20話》
・アギレラ曰くギフ様は人類と違う進化を遂げた生命体。オルテガを止めるために五十嵐家と協力。
・デモンズドライバーの悪魔はヒロミの命を喰らう。ヒーローになりたいなら戦えと一輝が背中を推す。
・ヒロミの同期の千草はフェニックスの正体を知って裏切ったが、ギフテリアンにされる。自身がドライバーの実験台にされていたのを知ったヒロミだが自分の手で決着をつけた。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第19話》
・スタンプを押されてギフテリアンとなったら元には戻れない。陽介は犠牲になってたか。玉置はアギレラを救うためにさくらを頼る。闘う意志はないならフリオとしての力は?
・ヒロミの身体が限界に。デモンズドライバーの副作用。本来は誰のものか。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第18話》
・オルテガに怒る一輝だが力が暴走し炎に焼かれる。友人の陽介と再会したフリオも、陽介がオルテガにデッドマンズにされた怒りを抑えられない。陽介の生死も不明に。
・一輝がバイスに弱音。自分に興味が持てないから人に喜んでもらおうとした。でも自分から生まれたバイスに興味があるならそれは嘘。良い励ましだが、明るさの裏に闇がある描写ならなお良し。
・バイスを相棒と認めて『一気に行くぜ!』から『一緒に行くぜ!』に進化。フリオを元の姿と玉置豪の人格に戻したがアギレラが連れ去る。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第17話》
・フェニックスの赤石長官、白いスーツてアポロガイスト(川原和久ver.)かい。
・悪魔と分離できずに消滅した人間を見た一輝、アギレラたちも救いたい。仮想空間で新フォームの修行に励む。
・フリオに尋ね人、裏切った友達。本名は玉置豪。オルテガに裏切られたアギレラと似ている。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーション』
・上映終了間際に観てきました。1971年の仮面ライダー1号を出すなら強化前の旧1号じゃないと納得出来ない。夏映画は出来てたのになぁ。ストーリーのネタバレ含みは下記にて。
https://pulpdust.org/i/entry.php?id=1922773
・現在のリバイスとセイバーは役割分担が出来てたし、映画の新ライダーのセンチュリーも適度に活躍。しあわせ湯に剣士たちが来客、どちらもライダーを公言している。
・一輝との約束を破りそうなバイスに『約束は破ったほうが哀しい』と神山飛羽真が喝を入れて先輩の役割を果たす。テレビ本編だと13話と14話の間ぐらいかな。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第16話》
・自分を生贄にしたオルテガと若林(偽物)に反発するアギレラはフリオと逃走。
・門田ヒロミが上司として五十嵐兄弟妹の力の必要性を訴えるが、ヒロミ自身の不調の原因は?
・フェーズ3になったデッドマンズは人間に戻らず消滅。若林(偽物)がザブングル加藤になって消えたらシリアスが失せる。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第15話》
・ギフ様復活の真の生贄はアギレラ。フェニックスのギフスタンプも奪われた。
・デッドマンズのアジトを調べるためにライダーキックでカゲロウを呼び出す一輝とさくら。
・アジトに三兄弟妹で攻め込み、ギフ様復活を阻止しアギレラも助ける。また工藤に『エゴイスト』と言われても、『答えは見つかってない、傷ついても背負う』。ちゃんと引きずってて良し。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第14話》
・若林司令官が裏切り者か? 工藤弁護士の脱走も手引き。本人は既に…?
・ギャルに人気の仮面ライダージャンヌ。友達の前でも変身。
・工藤に人の気持ちがわからないと言われた一輝をバイスがそのままのお節介でいいと支えるが、このまま明るい青年の揺らぎが付きまとうのは楽しみ。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第13話》
・劇中のTV局がフェニックスの更生施設の身柄拘束に反対の声もあると伝える。
・心配するのは簡単、信頼するのは勇気がいる。(パパさん) 一輝もバイスを信頼して実体化を認める。
・信頼が十個のバイスタンプのパワーアップを生む。地上に降りたスカイベースへの侵入を許したのは誰?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第12話》
・さくらのベルトは狩崎が廃棄した?
・アギレラはさくらと家族になろうと誘う。疑似家族なら普通の家族の五十嵐家より強いかもな。
・いじめられっ子だった門田ヒロミ。キャラが濃くなる気配充分。
・自分の弱さを自覚したさくらは仮面ライダージャンヌに変身。子どもの治療は大二がフェニックスに頼み込む。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第11話》
・アギレラを気にするさくらに送り付けられた変身ベルトは狩崎も知らない。
・息子の病気の治療ためにバイスタンプを悪用したさくらの空手の師範代。
・闘う力を求めてベルトを装着するが変身は叶わず…
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第10話》
・不利になると大二の姿で攻撃回避のエビル。
・大二にも容赦ないフェニックスに疑問をぶつけるさくら。そこに付け入るかアギレラ。
・大二の強さを信じてカゲロウを倒した一輝、戻った大二はエビルから仮面ライダーライブとなって戦う兄弟連携。
・ブラキオサウルスのフォームはなんとジオウ、祝え!
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第9話》
・フェニックスは狩崎も門田もカゲロウに殲滅方針で一輝は当然反発。
・今日のフォームはカマキリで鎧武の力を発揮。
・カゲロウは大二の嫉妬で成長した悪魔。大二が消えたのは一輝がライダーの夢を奪ったせいだとカゲロウ挑発。家族をキレイ事だけで済まさないのはGood。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第8話》
・母幸実がやっと退院で家族旅行。人の幸せのためには自分が幸せになれと一輝に。大二はカゲロウに取って代わられ家族旅行をぶち壊す。
・コングのフォームはフォーゼの力。旅行先にまで悪魔が来るのは昭和のヒーローの展開。フェニックスの狩崎がバイスと打ち解けたり、父元太に興味を持ったり。役者さんは窪塚洋介みたいな空気を醸し出す。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第7話》
・エビルの正体は大二から生まれた悪魔カゲロウ。
・高校生窃盗団を庇っていたのは父親。迷う息子に『自分の生き方がわかっている人間なんていない』とウザ熱い一輝。
・隊長に降格された門田ヒロミ、カゲロウを止めるために変身。リバイスの新フォームはジャッカルのエグゼイド。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第6話》
・リバイスを襲ったライダーのエビル。正体は大二だが味覚が変わっているのを怪しむ一輝。
・デッドマンズを使った弁護士の脅迫、証人のスマホにバイスが憑依して暴く。
・今回の新フォームは鮫でディケイド。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第5話》
・ブラック企業に突撃する動画配信、デッドマンズで社長を脅す。一輝も社長を諭すが。
・大二とフェニックスが配信者を囮に、バイスタンプの窃盗犯をおびき出す。大二は仲直りしたかに見えて、まだ突っかかる。あからさまに降格された隊長が怪しいが?
・前回のフォーム、プテラノドンが555? 今回はライオンでクウガ。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第4話》
・家族を守るのと世界を救うこと、どちらが先か?の一輝と大二。大二とぶつかり母に諭される一輝、ヒーローは孤高が普通だから親に叱られるのは逆に新鮮。
・アイドルの妹に愛情が偏るために悪魔に魂を売った姉。ウザがられてもお節介を焼くのがヒーロー。「家族」のためにも緊張感は要る。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第3話》
・立ち退きを求められる銭湯、近所の人たちも味方。宮部みゆきを読んでるから都内東部の下町カラーがする。東映特撮は都内西部カラーがするから真逆。(例えばオーズは武蔵野)
・毎話ごとにフォームチェンジ、イーグルがWでマンモスは電王。
・強盗の人質になった妹さくらを救えなかった大二は兄一輝への劣等感にさいなまれ。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第2話》
・モンスターが相棒なのはオーズのアンク以来か? 丁度続編映画やるし。
・現場までチャリンコで向かうライダー(笑) 悪魔がとりつきゃバイクより速い。
・悪魔を解放しろと唆すバイスを信用できない一輝。家族を守る力だと思いをぶつけて正式契約。
・ゴルファーが荒木でキャディが井端。そんなアライバが入るフェニックスの更生施設、今からキナ臭い。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーリバイス

《第1話》
・50周年だから1971年の南米からスタート。死神博士と一文字さんがいるのは翌年か。
・デッドマンズの襲撃で失われたスタンプ。映画でやってたが皆がデッドマンズの存在を知ってるのか。
・弟の大二が戦う部隊の隊長、兄の一輝が悪魔と契約して変身する。家族を守るために…は暑苦しいが人間の中にすむ悪魔というテーマは深そう。


ユーザー一覧
ご案内
17onは無料で利用可能ですが、運用は皆様の御厚情で成り立っています。 よろしければAmazon Wishlistから応援の程をよろしくおねがいします。