仮面ライダーギーツ

"仮面ライダーギーツ" でひとこと

-- fans

RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第16話》
・ギーツを倒せばデサ神のキツネ狩りゲーム。迷う景和だが英寿と一騎打ち。祢音は鞍馬財閥のスポンサーの力を生かしてプロデュースのニラムに告発。
・ギロリが排除されグランプリは次回に持ち越し。デザイアグランプリはスポンサーのリアリティライダーショーと判明。
・ジャマトのビニールハウスに届いた瀕死の道長。参加者の台詞を話す理由を“肥料”から察すると恐ろしや。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第15話》
・記憶を消された英寿だがメモを残して備え万全。倒された道長のコアに触れて復帰。ギロリの運営に否定的なツムリも英寿をアシスト。
・脱落した参加者と同じことを話すジャマトの秘密は。
・ギーツがラスボスを倒してもマスターの承認がなければゲームは終わらない。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第14話》
・勝ち過ぎたギーツを排除したいマスターと迷うツムリ。晴家(ハレルヤ)ウィンの実家と祢音の父親の鞍馬財閥はデザイアグランプリのスポンサーと判明。
・英寿がスターの世界を作っても母ミツメからの音沙汰無し。しかしウィンによればツムリの前のナビゲーター。
・ギロリから切り捨てられたウィンは運営の犬を卒業し反撃するが、変身したギロリに操られベルトを取り返せない英寿が脱落。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第13話》
・ギロリマスターとジャマトを育てるおっちゃんとは通じている。ジャマトもライダーへの変身を学習している。運営側の裏工作と聞くと10年前のAKBファンに受けそう。
・景和は行き付けの蕎麦屋で就労。
・次のゲームではライダー5人のベルトが奪われる。先に取り返した景和と祢音に頼れる英寿と拒絶する道長。裏工作をするのはマスターだけではなくギーツに武器を送る者もいる。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第12話》
・闘うおじいちゃんと姉を守る弟を見た景和は英寿のベルトに触れて記憶が戻る。おじいちゃんから権利を譲渡されグランプリに復帰。
・英寿は自分を排除したがるゲームマスターの狙いを見抜く。ゲームの世界のジャマト語解析、グロンギ語以来の伝統。
・ジャマトも強化されて変身はマスターも予想外、ビニールハウスで育てるおっちゃんは何者か?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第11話》
・英寿の今回の願いはデザイアグランプリのスタッフ。ギロリ/マスターはパンクジャックやなギーツの排除を目論む。
・英寿の母に会いたいという願いは運営に受け付けられなかった。
・グランプリから脱落して記憶が消えれば理想を願う心も失うため景和も無気力状態に。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第10話》
・優勝した英寿が望んだ新世界は運営者のツムリと姉弟、ギロリと父子の世界。景和と沙羅に影響されたか。
・景和は不参加で性格変わってる。祢音は途中参加。ビートバックルで強化され、武器は響鬼以来?のギターに。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第9話》
・ボスが消えない緊急事態にゲームマスター登場。ギロリの忍成修吾が二役。
・英寿がデザイアグランプリで探すのは母親。武器になる卵を育て勝ち抜くが、悔しがる道長に負けなければいつか勝てると諭し認めている様子。
・CMはギーツとタイクーンで赤いきつねと緑のたぬき(笑)
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第8話》
・怪我を押して姉を助けるために戦う景和。ベルトに触れた沙羅はジャマトに両親を殺された記憶が蘇る。
・自ら囮となって戦う景和に忍者バックルが共鳴。オレ様系メインライダーを利己より利他のサブライダーが動かす。
・沙羅を救出して景和は脱落、グランプリはまだ継続中。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第7話》
・かつてライダーを全滅させたジャマトがラスボス。戦う目的に悩む祢音には『逃げずに戦うことを誇るべき』だと英寿。
・姉弟仲の良さを見た景和には両親を失った二人を知り世界平和に理解と見せて、景和を囮に武器ゲット。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第6話》
・小金屋森魚(メリー)は違法カジノの経歴を生かしてバッファとペア交換。景和は他人を蹴落とすことが性に合わない。
・道長も景和の武器を盗んだ小金屋とはペア解消、景和と組み直して勝ち抜く。露悪に徹するのも難しい。
・脱落者は記憶を消されて元の生活に戻るのはホントか?
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第5話》
・ポツンと…ではなく『ガツンと一軒家』で英寿の家ロケ。建設業で働く吾妻道長(バッファ)は現場で遭遇。
・道長は友人をライダーに殺されたため全員に敵対的。景和の気遣いも届かず神経衰弱ゲームの連携取れず。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第4話》
・祢音の母が娘を管理するのは過去に誘拐されたため。景和と英寿のサポートで1位クリアした祢音はダメージをリセットしソンビ化を回避。
・奏斗もソンビ化は免れたがスコア最下位によって消滅する。
・冬映画から龍騎との共通点は気付いたが、エグゼイドの仮面ライダークロニクルにも通じる。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第3話》
・デザイアグランプリで敗れ消滅した男を救おうとする景和。ジャマトを倒さずに人命救助でスコア稼ぎ。
・資産家のお嬢様である祢音は親の束縛を離れるための参加? 逆恨みした高校生奏斗の罠でソンビ化の危機。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第2話》
・ギーツの正体である浮世英寿(エース)。第1話で創り上げたのは自分がスターである世界。
・大勢集められたデザイアグランプリの仮面ライダー候補者。勝ち抜けばデサ神、IDコアを持つ参加者以外の記憶はリセット。
・戦いを嫌がる景和だが病気の子どものために戦った父親の姿を見て揺らぐ。
RASEN-KAIDAN

仮面ライダーギーツ

《第1話》
・就職面接で『世界平和!』の青年桜井景和。閉ざされた空間でモンスターに襲われる。
・なんとなく続くと思っていた世界が突然終わるかもしれない怖さを感じた景和。助けたのは仮面ライダーギーツ。視聴者目線の景和君かと思いきや、スーパーヒーロー型の主人公。
・諦めなければ世界は変えられる。この戦いを世界を変えるゲームと表現したギーツ。現実世界の変わらなさへの一矢となるか。


ユーザー一覧
ご案内
17onは無料で利用可能ですが、運用は皆様の御厚情で成り立っています。 よろしければAmazon Wishlistから応援の程をよろしくおねがいします。