ヒトコト

"ヒトコト" でひとこと

-- fans

amamilovejp

ヒトコト

来年、サッカーのワールドカップがカタールで行われるらしい。
ふと頭によぎったのは、カタールに地理的・文化的に近い地域に存在した
サダムやカダフィといった人物である。
カタールの大統領か王様がどんな人か知らない。
だけれども、カタールに地理的・文化的に近い地域では独裁政権や
王權神授説に基づく政治がしばしば行われてきた。
だから、今回の2020大会だって強行されてきたことを考えると
今度のサッカーのワールドカップも強行されそうで怖い。
amamilovejp

ヒトコト

一時期、韓流やk-popアンチで台湾ドラマや台湾アイドルが紹介されていた
時代があったけれども、美辞麗句を並び立てたはずなのに、画面から漂ってくる
「如何にも韓流やk-popがきらいだから、台湾をヨイショします。」
みたいな空気が漂っている。
私も韓国は嫌いだけれども、そこまでやることじゃない。
台湾アイドルも、社交辞令みたいな言葉を並べ立てるだけだったし、
何も考えないで少女漫画ドラマばかり作るドラマの現場がそこには漂ってくる。
日本のドラマやアニメだって、韓国のドラマや映画だって嫌いなやつは
たくさんいるけれども、それでも確立した世界を持っているのに対して、
美辞麗句やヨイショをしても、どうしようもない流行ってもないないような空気が
漂う。
ガッチャマンがあるから安心して花の子ルンルンが流せる空間がある一方で
それとは違い、
枠の空気を読んで日本で言うところの「日9」、「月9」、韓国で言うところの
「愛の不時着」、「オールイン」(古い)などをやらなければいけない妥協や
空気があるのだろうか。
台湾はそれを無視して、今挙げた日韓の企画展開枠みたいな場所で
花の子ルンルンを流すようなことをする。
もし、世界を反日か親日で察る集団がいるならば、
「他の親日國に接近したほうが、韓国にも日本にも台湾にもないかっこいいものと
出会えるよ。」
と言いたい。
僕も日和見主義であるときは韓国好きになることもあるし、反韓にもなる生き物だから
言うけれども、韓国及び中国嫌いに台湾を盲目に押し付けないでほしい。
amamilovejp

ヒトコト

それにしても保守・右傾化には極度に恐れることなのだろうか。
僕は地下で活動して人間を戦争に進ませるカルト思想みたいに
考えたことがある。
保守・右傾化を極度に恐れていると、彼らが何でもできるように
思ってしまう。
保守・右傾化を極度に恐れている人に限って
「保守・右傾化を警戒せよ。あんなヤツを無視をしたって
だまって増殖するのだ。」
みたいなことを言われたことがある。
僕も保守・右傾化は苦手だけれども、極度に恐れる程ではない
と思っている。
昔は保守・右傾化と聞いて、恐怖を撒き散らす集団と考えたことが
しばしばだった。
amamilovejp

ヒトコト

何故か母親の考えるアメリカの豊かさ・憧れのほうが実感が伴わない。
母親が天皇制批判やロシア批判をしてもなんともなしに聞いている
けれども、母親の心の根底にあるアメリカの豊かさ・憧れに対する
考えに基づいてもの定めをするほうがずっと恐ろしく感じる。
ロシアにしろ天皇制にしろ、ある意味惡意を見せるものは
惡意で自己完結しているが、
豊かさ・憧れ、お手本という図式を人に見せたもののほうが
なにかそれの実感が伴わない人に、恐ろしい感情を背負い込んでしまう
自分が怪物になってしまうのではと思ってロシアや天皇制より怖いと感じている。
amamilovejp

ヒトコト

ラブライブ! スーパースター!!だけれども、
キャラの人数が5人か。
わたしが想像したのが、現実世界のももクロ、ジャニタレ、ldh,
k-popアイドルの構成員の人数ぐらいだなと思った。
前作虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の時代は
現実世界の
秋元康プロジェクトやボイメンみたいな印象を受けたけれども、
今度は4-6人ぐらいの人気アイドルグループ風にしたのか。
ここにもジャニー喜多川の亡霊がいるから悲しい。
amamilovejp

ヒトコト

そういえば轉載だろうけれども、yahoojapanでジャニー喜多川の一周忌の
記事が掲載されていた。
相変わらずの美辞麗句が多かったが、yahooコメントは彼が虐待や
セクハラをしていたことが指摘されていた。
そういうことはどうでもいい。
もし、彼の罪を上げるならば、私はアイドルのグループ化を促進したことだろうと思う。
彼の生前からアイドルのプロデュースを始めたつんく♂しかり、ldhしかり、
k-popしかり、ジャニー喜多川の技法を踏襲したアイドルのプロデュースばかり溢れている。
ある意味暴虐の限りを尽くしたジャニー喜多川は消えたというか去ったんだから
そろそろジャニー喜多川の技法から脱却してはいかがだろうか。
ジャニー喜多川とジャニーズ事務所が去つたとしても後繼者らが、彼の技法を
踏襲してヒットを飛ばしているのを見ていると、ジャニタレ亜流という路線は消えなさそう。
k-popへの評価が低いのはジャニタレ亜流だからかもしれない。世界的な流行を収めた
のだから、そろそろ新しい演出手法を考えてみてはいかがだろうか。
amamilovejp

ヒトコト

韓国時代劇を一興業やったときに、しばしば登場する、
チャン・ヒビンとか言う人。
私は日本の戦国・幕末史における松永久秀や岡田以蔵を
髣髴とさせてしまう。
自分の力で一時期暴れまわって、惡名を轟かせて、
後年、変なイメージで記録される。
似ていすぎて怖い。
あの手この手で歴史にインパクトを残して人に嫌なイメージを
与える人は洋の東西を問わずジェンダーを超えて記録される。
どうも韓国映畫界のチャン・ヒビンがやたら登場する企画建ての
李氏朝鮮ものには昔より興味がなくなった。
それは日本の戦国・幕末に関しての企画と同じに見えるからだ。
amamilovejp

ヒトコト

この際だから、爆發してしまうけれども、私は母親のTVの見方に不満がある。
いつもTVがついていなければいけないようで、特に番組改編期はイライラする。
昔は我慢できていたんだけれども、何も番組のない番組改編期ぐらい
テレビがないときがあってもいいのに、無理やり付き合されている感じがする。
「疲れているからなんとなくテレビがみたいの。」
とか言うけれども、そこまで興味ない部分だってあるのに、我慢してみなければいけない
空気に包まれるのだ。
amamilovejp

ヒトコト

マジレスすると私が韓国やインドなどのアジア映画や映画が好きなのは、
「全く実感のないアメリカの豊かさ・憧れという感情ばかり押し付けてくる親に
白けたから。」
という部分があるからだ。
もし、親のように
「あの憧れの欧米に近づきどう乗り越えるか。」
という物差しだけですべてが完成していたら、気持ちが楽だろうな、安全だけですべてが
見えていただろうなと考えたことがしばしばだった。
でも、それは私は存在しなかった。
過去を描いた漫画とかでアメリカのホームドラマに
「おれたちもああなりたいよな」
とか言って、憧れているシーンに白けて読んでいたこともある。
同じような場面がおれたち世代の「ホーム・アローン」や「トイ・ストーリー」とかで
出てきたけれども、
私からしたら、「ただアメリカの風景が映し出されている」程度の感想だった。
amamilovejp

ヒトコト

いつだったか、私が私淑していたノンフィクションライターが
こんなことを
述べていた。
「ココ最近の右傾化は目に余るものがあります。(中略)その中でも
排外主義的なメルマガには眉をひそめます。」
これを聞いたとき、「右派は巨大な存在として、我々を黒い霧で
支配しようとするんだ。」
ぐらいに考えた。
この作者は保守気味のドイツの政黨のほうがずっとリベラルな部分があると他の場所でも
述べていたので、右傾化というのは日本の発展途上の側面だと信じていた部分があった。
その話を天皇制嫌いでロシア嫌いの母親に言ったら、
「左傾化にも気をつけなさいよ。」
と言われた。
右傾化・保守勢力がとてつもなく巨大な存在だと思っていた私には
「全くこの巨大な不安が力を持っているので、なんでわからないんだ。」
と、喧嘩になった。
ここ10-15年の右傾化・保守化って學生運動より不安に思わない人もいるだろうかなとも
今は思う。
amamilovejp

ヒトコト

先日スリランカ女性が収監中になくなった話題が方々で報道された。
横で母親が、「どうせ密航でやってきたんでしょ。あの人が死ぬのは
仕方ない。」
といった。
また、母親の思い込みやアジア蔑視みたいなものが言わせたんだろうなと思った。
私はムトゥ踊るマハラジャや韓流ドラマを横で見ているのを嫌味たらしく言ってやめさせた
母親はテレビのイ・ビョンホン特集を見ないのは好みの問題というけれども、
そんな簡単に受け止められなかった。奥底にある比較的最近の日本人が考える
反韓主義より恐ろしい、アジア蔑視みたいなものが存在するのではと思って
悲しくなった。
だから母親がムトゥ踊るマハラジャや韓流ドラマを批判する背景も、なくなった
スリランカ女性に対する言葉も母親の高度経済成長時代の思い込みや心のゆるみが
言わせているのかもしれない。
amamilovejp

ヒトコト

oasisやbulrが日本に紹介されてもう25-30年ぐらいになるみたい。
Twitterから流れてきたk-pop関係の資料を読んでいて、
「日本ではロックバンドの音が未だに好まれる。」
と、発言している音楽とかに一家言ある方がおっしゃっていた。
カート・コヴァーンがなくなったあと、oasisやbulrが日本に紹介された
背景って、その日本人のロックバンド好きの心に取り込んでいたのではと
推察する。
amamilovejp

ヒトコト

僕も右や保守は嫌いだが、右や保守を殊更に恐れるべきではないのでは。
右や保守がなんでも惡事ができるみたいな、極端な右翼攻撃も
ネトウヨや行動する保守運動が出始めたとき、そういう論説も目立った。
「右や保守の言い分をそれなりに警戒せよ。」
というが、必要以上に気にしすぎて、大した事も無いやつを大袈裟に
受け止めるだけでは。
政治に興味をなくしてからは、右翼保守が政治に興味があったときより
怖くなくなった。
amamilovejp

ヒトコト

光GENJIが人気を集めだした時代、並行して工藤静香が売り出されたけれども、
これを見ていると
工藤静香という河合奈保子の路線の継承者みたいな人が売り出されたのを見ていると
アイドルを売り出す運営側もそこまで集団アイドルにこだわりを持っていなかったのでは。
ももクロが売れ始め頃からジャニー喜多川が亡くなってすぐぐらいの現代、
アイドルを売り出す運営も集団アイドルにやたら注力している感じがする。
運営側も楽だから集団アイドルのほうがいいと思うのかな。
そういえば、昔mi-keとかいうアイドルがいたけれども、
「売れない女の子をまとめ売りできるから集団アイドルにしたんだろう。」
と言っている人がいた。
SMAPが森且行の脱退以降ブレイクするのは、そのmi-keの活躍の數年後
だった。
ジャニーズ含めアイドルの運営側も集団アイドルや娘。やボイメンのような
アイドルプロジェクト路線に舵を切り始めてしまった。
アイドルプロジェクト路線の走りのおニャン子クラブだって實驗的だった。
ある一定より以降
みたいに、娘。があるから
秋元康プロジェクトやボイメンを作るみたいな感じじゃなかった。
どこでどう、河合奈保子のデビュー当時とアイドルの売り出し方が違ってしまったんだろう。
amamilovejp

ヒトコト

昔、わたしは寮歌にこったことがあって、結構ハマって聞いていた。
しかし、母親に「胃液が出そう」と言われてほとんど圧力みたいに
言われて、あまり聞きたくなくなった。
母親は「都会的で洒脱なジャズ」みたいな戦後現代主義的に正しい世界しか見えない人。
私はジャズのほかメタルとかパンク、ヒップホップなんかも受け入れることが
できるけれども、母親のジャズの流れみたいに感じている。
そこまでにとどめておけば、母親に圧力を加えられることがなかったかもしれない。

amamilovejp

ヒトコト

現在、河合奈保子のアルバムを視聴中。
彼女については「遅れてきたファン」だったので、リアルタイムではアイドルが
苦手だったので、そこまで聞いていない。
私がリアルタイムのアイドルであるSMAP、tokio、LDH,ももクロ、有安杏果あたりに
興味を持ってから、「彼らより昔のアイドルを聞いてみたい。」と思っていたときに
図書館で彼女のアルバムを見つけてダビングした。
意外とハマっている。
としくってから、色々聞いてから、「これはこれでありかも。」と思うようになってから
なぜだか愛聴盤になってしまった。
amamilovejp

ヒトコト

何處かの野球関係の言及をしている私設サイトの管理人様
が、筒香嘉智に関して言及をしていたのだが、mlbの選手について
いかに強いか話していたが、どことなくその強さが実感できない。
今、mlbの選手で油の乘切つた選手って例えばサッカーのサディオ・マネやルカ・モドリッチ、
テニスのロジャー・フェデラーやラファエル・ナダルのようなレベルだと思う。
筒香嘉智に関して言及をしている人もmlbの選手の強さがわからないのにもどかしさを
感じてしまっている。
サッカーやテニスの選手を引用しなければその強さがわからない野球中継は嫌いなのだ。
日本の野球が嫌いで、mlbのファンをやっている人は多いけれども、報道現場とある程度のファンの
空気がずれ始めている。
amamilovejp

ヒトコト

また調子に乗ってヒトコト。
韓流からさかのぼってムトゥ踊るマハラジャの時代からなぜアジア映画やアジア音楽を
紹介する空気が強まったのだろうか。
やっぱり欧米映画・音楽という路線がみんなあきぎみで、ちょっとした秘境探険を
したくなったのだろう。
敗戦直後から1970年代ぐらいの欧米映画・音楽に強い感銘を受けた世代には
そこは理解ができないのかな。
確かに戰時中に潤澤に色を使ったカラー映画やボブ・フォッシーのような度肝を抜く
演出に感銘を受けた人はそこから自分を見出そうとしたのかもしれないけれども、
ある一定より下の世代には、資料とかで見ていて思うけれども、
欧米映画・映画と聞いてただ存在だけが大きい存在と受け取ってしまう側面もありそうだ。
amamilovejp

ヒトコト

昨日から始まったドラゴン桜part2だけれども、part○○という言葉を使う背景
にはルパン三世PART1とルパン三世PART2の間に流れる空気に近い。
時代背景や企画展開する枠の流れで、感じるものが違うのは、
ルパン三世もドラゴン桜も同じかもしれない。

amamilovejp

ヒトコト

私が、母親の日本と西洋の比較という部分だけでサブカルを見る視座を
許せないと思うようになった瞬間はいつだろうか。
私はグランジが流行っていた時代ぐらいは母親が韓国やインドのサブカル
をバカにしても「まあ、仕方がない」
と思うことがしばしばだった。
しかし、カート・コバーンが急逝したあと、oasisやbulrのような音楽を持ってきて
流行らせてから、自分が洋楽を馬鹿にし始めたし、それを弁護する母親に怒った。
グランジの関係者がいなくなったあと、その後oasisやbulrじゃなくて
もっとアバンギャルドでキャッチーな音楽を持ってきてほしかった。
でも、違った。時代は思ってもいない方に動いていった。
なのに、韓流ドラマやインド映画だけではなくて、元ちとせにもいやみを浴びせる母親に
「昔にしがみついた年寄り」
って強く思うようになっていった。
amamilovejp

ヒトコト

サンモニは外野と企画担当のスタッフとパネラーの泥試合で気にしているだけ
相手にしたくないし、相手にするほどのものだろうか。右寄りじゃない人も
やたらサンモニを気にしている。気にすると精神汚染を犯す企画ってのが
極端な私の意見だ。
amamilovejp

ヒトコト

そういえば某所で朝ドラ「ふたりっ子」が再放送されるみたいだけれども
リアルタイム世代としてはこう考える。
「今20歳ぐらいの大学生にとって1990-2000年代って、かの時代のタイムスパンは
私にとって幼稚園や小学生ぐらいに
しばしば再放送されていた1960-70年代のアニメや特撮ぐらいの感覚じゃないかな。」
である。
いわゆるおっさんホイホイで終わるのか、それとも若い子も視聴して
「これはこれで面白い」
と考えるのか・・・。昔テレ東の再放送を見ていた世代は思う。

amamilovejp

ヒトコト

東北絡みの話題をすると、自分が危なくなるのを承知で言うが、
Mastodonやmixiなどのsnsに東北のテレビ局や新聞社の資料を貼るが、
そこに化學變化があればいいなぁ。
私は東北にルーツがない。
amamilovejp

ヒトコト

また、母親に怒られた。
どうも母親は自分なだめな所ばかり目について
目ざとく見つけられて、ガミガミ怒られた
母親は改めてほしいと思って強く注意するのだけれども
他にも怒つた先が他のだめなところにも飛び火して
この鼻糞を抉ったことが他のだめなところに直結している
と言われるからなおさら注意されたことよりも、
怒られた怨みが強く残ってしまう。
amamilovejp

ヒトコト

消えてくれた方がいい
人だっている。先日新しき地図
の方を母親が攻撃し始めて
“消えたアイドル”
と言う言葉を検索した。
何故だか韓国のアイドルの資料が
引っかかる
webやtvにかつては良く露出していた
人が消えるのは悲しいけれども、
消えてくれた方が新しい時代をみたい
と考えるのは韓国も同じなのでは。
amamilovejp

ヒトコト

ボイメンや坂道シリーズを見ていて
思うけれども、私の頭の中で思いついたのが、
「万博/博覧会/コンパニオン/パビリオン」
という単語。
「アイドル」
という単語じゃなかった。
1970年代以降
万博や博覧会が多数開かれたけれども
アイドル世界にも多少のタイムラグがあっても導入する時間がある
のかなとふと考えている。
amamilovejp

ヒトコト

アイドルグループのあり樣は
1.DA PUMP、ldh,k-popアイドルにあるジャニタレに類似した編成のアイドル。
2.ボイメンみたいなアイドルプロジェクト
ジャニタレや坂道がいなくなっても類似路線ばかり
こんな事やるから、戦国鍋や戦国炒飯あたりで笑われるような気がする。
amamilovejp

ヒトコト

韓国アイドルグループの脅威を煽るけれども、
あんまり恐怖感を感じないんだよね。
言われるように日本サブカルは
昔の貯金を食いつぶしとる。

だけれどもね。
あまり韓国サブカルを怖く思わないのは
「韓国の星野源」
みたいなやつがいないんだよね。
でも映画・テレビドラマには
「韓国の宮崎駿」
「韓国のクドカン・三谷幸喜」
みたいな脚本家やプロデューサーの影を感じるがね。
amamilovejp

ヒトコト

ボイメン嫌いじゃないけれども、ジャニタレがいなくなったあとの
男性アイドルグループが、女性アイドルグループであるような
アイドルプロジェクト路線なのが悲しい。
「改造版郷ひろみ」
みたいな路線
もあってもいいじゃないの。
amamilovejp

ヒトコト

先日Mastodonで「日本の首都は阿武隈高地に移転すべきだったのでは。
こうまでしないと東北人の意識が変わらないのでは。」
と述べたことがある。
その発言の背景だけれども、城東地方に東北出身者が集まって
その東北出身者が多い状況
で人を値踏みしたり、マウンティングしたりする
城東地方人の行動に疑問を持ったからである。
半藤一利氏に関して彼の発言や背景には「北の玄關口としての上野駅」みたいな
空気感を常々感じていた。
amamilovejp

ヒトコト

私はcdもmdもlpも持っているけれども、アナログの音には
こだわりはあんまりないなぁ。
どちらかといえば、モーツァルトの音源で気に入ったのが
アナログだった。ブルース・スプリングスティーンの音源が
アナログだった、太陽と戦慄の音源がcdであったならばこれでいいと
思って聞いている。「あの人の音に接近したい。伝説の人の音がデジタルであるならば
それでいい。」って考えちゃいけないのか。
私は音楽がダウンロード販売になるのは致し方ないと考えている。
amamilovejp

ヒトコト

2023年大河、信長・秀吉・家康・光秀
細川ガラシャみたいなエピソードなんだから
「麒麟が来る」の
後日譚みたいにしてハセヒロや岡村隆史を起用しても
面白いと思う。
アニメ・ゲーム・特撮のファンダムでしばしば
語られている「ウルトラマンタロウ」から見た
「大場久美子のコメットさん」
のように、他の番組を後日譚みたいにするのは
ある意味悪くないけれどもなぁ。
amamilovejp

ヒトコト

麒麟が来るが無事に最終回を迎えた。
それに先立つこと数年前、韓国で「ヘチ王者への道」という企画が展開されていた。
日本の企画の麒麟はこの韓国の 獬豸に対比させたのだろうか。
韓国制作の
「ヘチ王者への道」は、
李氏朝鮮が舞台。
日本の企画における、信長・秀吉・家康・光秀・細川ガラシャ
みたいに、時代劇映画を一本興行した場合しばしば登場する
キャラがわらわら出てきそうな企画なので私は興味がないが。
amamilovejp

ヒトコト

ここだけの話、右寄り保守が怖くなっている。今もそうかもしれないけれども
ネット世論で、右傾化世論に対して、その右傾化を不安そうに
煽る反右翼的な論調も目立つ。
「作る会」
などがあれば、やたらセンセーショナルに煽って
「自分たちの生活を壊す危険な集団」
みたいな見出しが目立つ。
それから、最近Twitterで、反韓主義の右寄りにもフォローされたけれども、
右が悪事を働けば、ほれみたことかみたいな感じで
自分のリークした記事に同調する
反右翼思想の人にもフォローされた。
どちらも好きではない。
amamilovejp

ヒトコト

半藤一利、
彼のことをどのくらいの人が信奉していたのだろうか。
彼自身若い人は歴史を知らないといってはいたものの、
上野駅の周りの風景ばかり見ている人だなと。
しばしば城東地方出身者を關西人と引き合わせて
関東代表にするのは、些か正しいとは言えないと
半藤一利氏の生前のときから思っていた。
amamilovejp

ヒトコト

お年寄り世代が、「パパは何でも知っている」、「うちのママは世界一」
といったアメリカのホームドラマの話題をしていた。
そこに夢のような生活をしていたと言うけれども、
私はそういう言葉に気持ち悪さを感じた。
「なんでアメリカ映画のそんな風景に憧れて夢の世界を作るんだよ。
信じられない。」
と感じた。
私世代にはリアタイな
TVシリーズのビバヒル、
(逆に母親は昔のイメージを強引に投影した)
劇場用企画の
シュワちゃんやブルース・ウィリスが出演している映画
スタッフとして、スピルバーグやジョン・ラセターを迎えた映画
には即物的にただアメリカが映し出されている、あまりにも身近で憧れのないと
思った。
母親は天皇制反対、ロシア嫌いだが、
そんな嫌惡感を与えるセクションより、
憧れとか豊かさという感情のほうが人を縛ってしまうようなものがあって怖い。
他にも自分の大好きなものに囲まれて自分の足元がふらふらになっている人や地域を
見てしまうが。
amamilovejp

ヒトコト

日本共産党に関して思うのだが、
如件の當本部というものに、思想は近いのだが、
彼らのやり方に疑問を思っている人はいないのだろうか。
自分も共産党に同感する部分はあるものの、彼らの
やり方が思い込みが強いとか
多くの人にものを押し付けすぎる部分がある。
「正義の當」
みたいに言うけれども、
台湾を過度に神聖視する右寄りと同じに見えてくる。
日本の偏つた思想にありがちなナノだが
自分の思想に真っ直ぐな人ばかりが中核に多いようにも
思える。
右寄りだが、台湾の過度な神聖視に疑問を持ち
左寄りだが、日本共産党中央に疑問を持った人を
大切にする国であって欲しい。
amamilovejp

ヒトコト

先日、テレ東のニュース枠變更について言及していた
けれども、私は特撮アニメの代替として、実写ドラマを
見ているんだなと、何處かで見たが、渡哲也氏
追悼記事の片隅に「もうアニメや特撮じゃないから
大人振つて渡哲也氏の刑事ドラマを見た。」
みたいな記事を発見したことがある。
amamilovejp

ヒトコト

テレ東の月~木の枠がニュースの帯になるらしい。
ドラマなどを廃止して、ニュース枠になる今回の話題だけれども、
30-35年前、夕方の再放送アニメが軒並民放でニュース枠になって
悲しい思いをしたときに多少気持ちが近い。
今回のテレ東に始まったことではないが、
「困ったときのニュース枠」
なのかもしれない。
amamilovejp

ヒトコト

2023年大河、「また信長秀吉家康光秀か。」というため息だった。
ネタがベタなので、南光坊天海役をハセヒロにして、
光秀役を別な人にやってもらう。
家康家臣が「もしかしたら、あなたは明智日向守では。」
と聞いてきたら、「さあ、どうでしょう。他人の空似では。」
という風景があってもいいかも。


ユーザー一覧
ご案内
17onは無料で利用可能ですが、運用は皆様の御厚情で成り立っています。 よろしければAmazon Wishlistから応援の程をよろしくおねがいします。